新型肺炎、シンガポールで確認

***時事200124***

新型肺炎シンガポールで確認

********

 

 

シンガポール政府のアクションは早い。2003年のSARSを経験した時もその素早さに驚いたが、そうあるべきである。ほぼ独裁国家で、国を成り立たせている観光のイメージを崩さないためにそうなのであろう。

 

同じ独裁国家である支那は隠蔽の世界で、とにかく習近平にゴマをすり悪い知らせが行かない仕組みになっているからなんでも行動が遅いのであろう。特に今回のような感染症発生の時である。

 

現在の日本の政治や官僚もこのような状況にもなっているのかもしれない。 腐敗しているので、従来の平和ボケに加わってどうしようもない状態なので、まだ寝ぼけてアクションが取れていない。